ヘアブラシを使い比べてお気に入りの一本を見つけました

5466コストパフォーマンス抜群のヘアブラシを求めて、様々なものを買い漁っていた時期がありました。出来る限り500円以内で購入できるものに狙いを定めることによって、集中して無駄な買い物をしない努力を怠りませんでした。その結果として、二つのヘアブラシにまで候補を絞り込むことができました。一つ目のヘアブラシは、髪や地肌に触れる部分がプラスチックで作られていて少々刺激が強いように感じられました。しかしながら、使ってみると持ち手部分が柔らかい素材で覆われていたので扱いやすかったです。細かい作業に適していましたから、ドライヤーを使ったあとにヘアスタイルを整えるときに大活躍すると思えました。もう一つのヘアブラシは、前者のものとは対照的で持ち手部分以外がゴムに似ているけれどもグリップ力にそれほど秀でていない素材で作られていたのです。柔らかな肌触りに癒やされたと同時に、髪や地肌が傷つくことなくセットが行えると思い長期的に愛用しようと考えるほどでした。結局のところ、選択したのは前者のヘアブラシでした。手が乾燥しやすくて、何かを掴んだときには滑り落としてしまうことが多かったからです。持ち手のグリップ力が決め手になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です