髪の手入れをヘアブラシから見なおそう

さらさらで艶々した憧れの髪に近づくために、基本となるのはヘアブラシによる毎日の丁寧なブラッシングです。

多くの人がヘアブラシを使うのは起床時や出かける前、入浴した後などでしょう。
この際に気をつけたい点としてはヘアブラシで髪を根元から毛先まで一度に梳かそうとしないことです。髪の毛は想像以上に日々ダメージに晒されています。抜け毛や切れ毛の原因になってしまうので避けましょう。まずは毛先の縺れを梳かし、次に根元からブラシを使います。
また意外とやってしまいがちなのがお風呂上りの濡れた髪にヘアブラシを使うことです。これは髪のキューティクルが剥がれ傷みの原因になるので絶対にしてはいけません。タオルドライした髪にまずするのはドライヤーでブローすることです。ヘアブラシを使うのは髪が半分以上乾いてからがベストです。
入浴前にブラッシングを行うのも頭皮の血行の促進や、抜け毛予防になるので習慣にするといいでしょう。

そして大切なのがヘアブラシの定期的な洗浄です。ホコリや髪がびっしり絡まったヘアブラシを使っていてはいけません。髪は手で取れるだけ取ったあと、シャンプーを適量溶かしたお湯を入れた洗面器にしばらく漬けておくと綺麗になります。4565423

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です